活用方法USE EXAMPLE

経路や動線の解析に

ECサイトなど動的コンテンツを含むサイトのアクセス解析でお困りではありませんか?

ECサイトなど動的コンテンツを含むサイトのアクセス解析でお困りではありませんか?

単純なPV数、サイト訪問者数などを把握するだけの静的な解析にとどまらず、訪問者のサイト内でのページ遷移を解析(経路・動線分析)を行うことにより、サイトの問題点を発見し、日々改善していくことが重要であるというのはよく言われることですが、経路・動線分析を行うに際して必ずやっておかなければならないことが2つあります。

 

ユーザーの動線を直感的なインターフェースで表示することで仮設を検証し、Webサイトのユーザビリティ向上に生かすことが可能です。

ユーザーの動線を直感的なインターフェースで表示することで仮設を検証し、Webサイトのユーザビリティ向上に生かすことが可能です。

 

個のユーザーの特定、再来訪者の行動分析から、サイト内での行動を計測し、集客力、ロイヤリティの向上が可能です。

ユーザーの経路分析/ユーザーの動線分析から高いコンバージョンをもたらすサイトへの改良が可能になります。

PVやサイトの訪問者数や検索エンジンごとのキーワードとその入り口ページなど、標準的な解析を行うと同時に、どのサイトからどのページに着地して、どのページを経由したかといったユーザーの動線を測定することも、アクセス解析を行う上では重要な課題となります。

このユーザーの経路解析/ユーザーの動線解析(パス解析)によって、サイトのユーザビリティ検証や、サイト内からの離脱要因分析を行い、 Webサイトの改良によってコンバージョンを向上させる施策を打つことが可能になります。

RTmetricsでは標準機能のひとつとして、ユーザーの経路解析/ユーザーの動線解析を行うことができるパス解析機能を備えており、訪問者が辿った経路のパターンやそれぞれのパターン数の表示、目的ページまでの経路、入り口ページからの経路といった指定したページに対して、訪問者がどのようにページを経由してたどり着いたかについてトレースの深さ別にレポートすることが可能です。

 

 

経路や動線の解析に関する導入事例

株式会社 カカクコム様

膨大なページをグルーピング分析してユーザー行動を短時間で掌握

ピンポイントでニーズに応じた緻密な分析が可能になり、情報の可視化と運用体制の確立で社員が意識改革


株式会社 日経ビーピーコンサルティング様

流入元ごとの集客効果や利用者の満足度に基づいたサイト改善など高度な判断を下せるように

リアルタイムの閲覧状況に合わせ、タイミングを逃さずにサイト内容を更新できるようになった。

 

 

お問合せ&資料請求 お問合せ&資料請求

 

▲上へ戻る